Wilioへようこそ!

あなたは未登録の顧客としてWilioを見ています

プロの切り替え
ナビゲーション
サービス
価格表
アプリケーションについて
アプリケーションをダウンロードしてください
それはどのように働きますか
どのように改善できるか
お問い合わせ
約 Wilio
ログイン
Wilioへようこそ!

あなたは未登録の顧客としてWilioを見ています

プロの切り替え
ナビゲーション
サービス
価格表
アプリケーションについて
アプリケーションをダウンロードしてください
それはどのように働きますか
どのように改善できるか
お問い合わせ
約 Wilio
ログイン

アルミ溶接

アルミ溶接機をお探しですか?このカテゴリには20,664プロバイダーがあります。お問い合わせを送信。

始まりました

32,323 登録された専門家

85,295 解決されたプロジェクト

5のうち4.8 私たちの専門家の平均評価

226 512 アプリケーションインストール

アルミ溶接

アルミ溶接の分野でサービスが必要ですか? Wilioは、自動車、建設、造船、航空輸送業界で使用されるアルミニウム材料の溶接に関する品質の専門家を見つけるお手伝いをします。アルミニウム接合の価格は通常、サービスの範囲によって異なります。サービスの詳細については、相談、特定のカテゴリの20,664溶接機の1つが提供するアルミニウム材料の表面処理を参照してください。

参照:価格

32,323 登録された専門家

85,295 解決されたプロジェクト

5のうち4.8 私たちの専門家の平均評価

226 512 アプリケーションインストール

有用な情報

あなたは知る必要がありますか

アルミを溶接する方法?初心者ガイド アルミニウム溶接は、最も経験豊富な溶接機のための挑戦的であり得る。それは鉄溶接として他の技術とプロセスを必要とします。アルミニウム溶接が難しい場合がありますが、正しい知識と練習で改善できるスキルです。アルミニウム溶接の詳細については、様々な種類の溶接や一般的なヒントをご覧ください。 アルミ溶接が難しいのはなぜですか? アルミニウムは製造に使用される一般的な種類の金属です。それは腐食性、光と外観であり、それはさまざまな製品の製造に最適です。しかし、同じ性質はそれがとても望まれているため、彼と仕事をしていることを不平を言います。 溶接アルミニウムは柔らかい、高感度で絶縁型の硬質酸化物層であるため困難です。溶融状態では、多孔質、弱い溶接につながる可能性がある不純物に起こりやすい。アルミニウムとその合金は酸素に対して大きな親和性を持っています。 純アルミニウムを650℃で溶融し、金属を保護する酸化物を2000℃にわたって溶融する。酸化物はアルミニウム自体として高温で溶融するので、酸化物は溶接前に金属から洗浄されなければならない。アルミニウムはより高い熱伝導率および低融点を有するので、それは他の金属よりも加工性の小さい窓を有し、そして容易に議論することができる。溶接手順の重い表示と溶接部の質と組み合わされて、溶接部の品質と組み合わせると、アルミニウムで作業するのが困難になる可能性があります。 アルミ溶接困難を引き起こす要因 酸化 - アルミニウム表面は、アルミニウムとして著しく高い温度で溶融する手がかり酸化物層があります。この層を通る融解は高温を必要とするので、溶接機はその下にアルミニウムの穴を燃やさないように注意しなければならない。 多孔度 - 溶融状態のアルミニウムはより速く水素を吸収し、したがって急速に加熱する。この水素は、金属が材料中の気泡の後ろに残すことができる固体の形に戻ったときに除外されます。これにより、金属が弱く多孔質である。 不純物 - アルミニウムは不純物に対して非常に敏感であり、溶接中に汚れ、空気および水であるいくつかの方法があります。酸素はアルミニウムの密度と強度を低下させ、二酸化炭素の形成を引き起こす可能性があります。水素は多くの供給源から来ることができるので、アルミニウムは徹底的に清掃され、溶接の前に適切に貯蔵されます。 厚さ - アルミニウム溶接には、異なる材料厚さの作業が含まれます。したがって、溶接機は、より薄い材料を通る回転を防止する方法を知っておく必要があり、同時に厚く浸透して強い溶接を形成する必要があります。 溶接用アルミニウムを清掃し準備する方法 溶媒(アセトン、アルカリ性溶液)を使用してアルミニウム、グリースおよびアルミニウム表面を除去する。アルミニウム表面からの酸化物は、ワイヤーブラシまたは強酸または原理によって除去されます。アルミニウムを溶接する前に常に徹底的に洗い流して乾かします。それがまだ室温で乾燥に保存されていることを確認してください。 基本アルミ溶接法 どうやら、アルミニウム溶接方法が複数であるという事実になるでしょう。それで、彼らの利点、欠点を知っておくことを彼らに紹介しましょう。 溶接TIG法 3つの単語 - タングステン不活性ガスは、アルミニウム溶接を意味するTIGの略語の下での不透過性電極溶接である。この方法は、最高品質の溶接部を提供できるように、アルミニウム溶接の最も一般的な方法に属しています。利点は、電力問題を排除するためにワイヤの機械的投与を必要としないことである。交流電流は酸化アルミニウム層によって浄化されるので、この方法も非常に清潔である。 溶接方法MIG。 MIGはショートカットワードメートル不活性ガスであり、それは溶融電極を有するアルミニウム溶接である。この場合でも、燃える電気アークに載っている人気のある方法です。削除ワイヤー電極間にあります。このタイプの溶接は通常、TIG溶接として高速で堆積速度を持ち、溶接品質に影響を与えます。しかしながら、ワイヤの機械的投与が必要とされており、それは溶接機がコイルまたはプッシュプルを使用しなければならないことを意味する。 溶接コーティング電極 このタイプのアルミニウム溶接では、それがスチール溶接に似ていることがわかります。この方法を決定した場合は、溶接された部品が乾いた、脱脂して機械的に洗浄されていることを確認してください。 溶接レーザーと電子線 ビーム溶接技術はアルミニウムに一般的に使用されています。電子ビーム溶接は、容易に制御することができる非常に正確な熱影響域を有し、これはアルミニウムに好ましい。レーザビーム溶接は、迅速かつきれいな溶接によって特徴付けられる。割れに敏感な材料に最適です。 抵抗溶接 このタイプは、金属と圧力とストリームを接続します。それはアルミニウムに使用することができますが、溶接機はこの金属の高い熱伝導性と導電率を認識しなければなりません。 アルミニウムはどのような種類の溶接を避けますか? 一般に、フラックスが使用される任意の種類の溶接は、多孔度をもたらす可能性があるので、アルミには理想的ではない。これには、溶融弧を有するタステルによる溶接、流束および溶接棒溶接下の溶融。 このエラーは回避されます アルミニウムを溶接するときは、いくつかの一般的な誤差を回避する必要があります。 1つ目は「すべてのすべての」アプローチです。アルミニウム溶接時に、溶接機は鋼鉄で使用されるよりもまったく異なるアプローチを選択しなければなりません。溶接機のために、他の金属や材料との経験にあなたのテクニックを保存しないことが重要です。アルミニウムは不適切な取り扱いにおいて危険になる可能性があります。したがって、溶接機が個人的な保護具と教育を受けたセキュリティとベストプラクティスを着ていたことが重要です。 アルミニウムを使用する利点 たぶんあなたはなぜアルミニウムであり、他の素材ではなく、あまり難しいのですか?彼はユニークな特徴を持っていて、他の金属よりもいくつかの重要な利益を持っています。それは容易であり、それは鋼と比較してより良い強度および重みの比率を有する。減少する温度が壊れやすいほど強くなる。同時に、電気と熱も銅となるようになります。ノンヘルツビー。それは費用対効果が高くリサイクル可能で、それはそれがとても人気がある理由です。そして彼の完璧な外観を忘れる必要はありません。 アルミを溶接することは簡単なことは何もありません。したがって、誰かが経験したTajovのアルミニウム溶接に捧げられ、あなたがすべての最小の詳細に捧げられたときにそれはより良いです。