Wilioへようこそ!

あなたは未登録の顧客としてWilioを見ています

プロの切り替え
ナビゲーション
サービス
価格表
アプリケーションについて
アプリケーションをダウンロードしてください
それはどのように働きますか
どのように改善できるか
お問い合わせ
約 Wilio
ログイン
Wilioへようこそ!

あなたは未登録の顧客としてWilioを見ています

プロの切り替え
ナビゲーション
サービス
価格表
アプリケーションについて
アプリケーションをダウンロードしてください
それはどのように働きますか
どのように改善できるか
お問い合わせ
約 Wilio
ログイン

コンクリート柵

コンクリート柵のビルダーをお探しですか?このカテゴリには23,874プロバイダーがあります。お問い合わせを送信。

始まりました

32,329 登録された専門家

85,332 解決されたプロジェクト

5のうち4.8 私たちの専門家の平均評価

226 512 アプリケーションインストール

コンクリート柵

コンクリート柵の分野でのサービスが必要ですか? Wilioは、フェンスターゲティング、フェンスデザイン、フェンス建設の質の高い専門家を見つけるお手伝いをします。コンクリート柵の価格は通常、サービスの範囲によって異なります。サービスの詳細については、材料の輸入、塗料、地面へのコンクリートプリズムの固定、柱、型枠ボードなどを参照してください。これらは、特定のカテゴリの23,874コンクリート作業員の1人によって提供されます。

参照:価格

32,329 登録された専門家

85,332 解決されたプロジェクト

5のうち4.8 私たちの専門家の平均評価

226 512 アプリケーションインストール

有用な情報

あなたは知る必要がありますか

あなたがレンガや石の壁を通り過ぎたことがあるならば、それはレンガや石で作られていないかもしれません。多くの家、建物、企業は、プレハブコンクリートフェンスを使用して強くて丈夫な壁や柵を築きます。これらのフェンスは、プライバシーを保護するためのすべての利点を提供します。さらに、コンクリートの強さと寿命の利点を加えます。この卓越したフェンシングの詳細については、あなたのためだけに正しいかもしれない理由についてもっと知ります。 プレハブフェンス対他のフェンス それで、コンクリートの壁からプレハブフェンスを正確に分離するのは何ですか?プレハブの具体的な塀の考えは最初は未確認ではありません。しかし、コンクリートのフェンスと壁の間にはいくつかの重要な違いがあります。これらはそれらの木やコンクリートまたは石の壁からのコンクリートの塀を区別します。 プレハブコンクリートフェンスとコンクリート壁の主な違いは厚いです。コンクリートの壁は少なくとも30 cmの厚さを持つことが多いが、プレハブのコンクリートフェンスは数センチメートルしかない。それは多くの利点と最大の軽量化を秘めています。 伝統的なコンクリートの壁はわずか数メートルのフェンスで400 kgの重量を加えることができます。対照的に、プレハブコンクリートフェンシングパネルは2.7Mパネルあたり113 kg未満の重さです。その結果、柔らかい土壌に輸送、設置、簡単に配置することがはるかに簡単です。 厚さと体重と一緒に、プレハブフェンスと他の種類のフェンス要塞のためのもう1つの重要な違いがあります。コンクリートフェンスは非常に固体で耐久性があります。耐候性と不純物は他のどのような種類のフェンスよりも優れています。プレハブコンクリートフェンスは、より厚いコンクリートまたはレンガの壁としても同様に耐性があります。 最後に、プレハブの具体的なフェンスと他の種類のフェンスの間の最後の大きな違いはコストです。プレハブコンクリートのフェンスは、標準のコンクリートまたは石積みの壁よりもはるかに安いです。コストは、よく生産された木製またはビニールフェンスの設置に匹敵することがよくあります。あなたがクレイジーな価格なしで石の外観と印象を望むならば、プレハブのコンクリートの塀は完璧です。 他の人からのコンクリートの柵を区別するものは何ですか? その利点に加えて、プレハブコンクリートフェンスには他のいくつかの特別な特性があります。 これらのプロパティは次のとおりです。 多様性 プレハブコンクリートフェンスを扱うことの最大の利点の1つは、あらゆる家やさまざまなスタイルに合った色の多様性です。具体的なデザインだけがありません。実際、一目で、または具体的なフェンスがそれらを閉じるまで本物の石から作られていないと言えるかどうかは言えません。 定着性 他の種類のコンクリート製フェンスとは異なり、それらは簡単に修理されるように設計されたプレハブです。あなたのフェンスがいくつかのダメージを受けるならば、あなたはほとんどいつも標準の石積みパッチを使ってそれを修正することができます。あなたが建物に入ること。重大な損傷が発生した場合は、新しいパネルを注文して1時間以内にインストールできます。 季刊 あなたは天気が何であるかを言うことを確実に知ることはありません。幸いなことに、プレハブのコンクリートのフェンスはまったく影響を受けません。これらのコンクリートフェンスは極端な条件でテストされています。これにより、低温でも高温も損傷しないようにします。彼らは最後でさえも最後で極端な風が高速に影響を与えます。 環境にやさしい プレハブコンクリートフェンスのもう1つの利点は、それらが環境にもっと適していることであり、他の種類のフェンスや壁よりも優れていることです。フェンスの50%以上がリサイクルされた材料でできています。これは環境の世話をする顧客にとって優れた選択でフェンスを作ります。 メンテナンスフリー。 プレハブの具体的なフェンスは実質的にメンテナンスフリーです。彼らはほとんど季節的なメンテナンスはほとんど必要ありません。あなたは間違いなくこの側面に感謝し、特にあなたが定期的に治療しそして向かって柵を治療するならば。 プレハブコンクリートフェンスはどこで使用できますか? プレハブのコンクリートのフェンスは事実上あらゆる土地に大きく見えます。 家屋 住宅所有者は耐久性とプレハブコンクリートフェンスの豪華な外観を愛しています。彼らはまた、これらのフェンスが彼らのまたは隣人の不動産で調整された色で供給されることを理解しています。 企業 プレハブの具体的なフェンスは企業に最適です。彼らは非常に安全で強く、周囲から一見すると認識できます。 インストール プレハブフェンスは、建物、不動産、大規模な土地のための素晴らしいボーダーフェンスを表します。彼らの低価格は彼らを石の壁としてより経済的な代替品にします。それにもかかわらず、彼らはまだ木の塀よりもはるかに強くて耐久性があります。 どちらのタイプのフェンスカラムにも、自分の長所と短所があります。 長所と短所 コンクリート柱 利点: 抵抗 コンクリートは、昆虫を回転または攻撃や攻撃が簡単な堅牢な材料であり、これはそれが耐性があり、長寿命を備えた耐性で固体の材料であることを意味します。木製コンクリート柱とは異なり、分解性のある材料はなく、腐敗や昆虫で破壊することはできません。したがって、人々は木の代わりにコンクリートを選ぶことを好みます。 メンテナンス コンクリートは液体、型または腐敗に影響を及ぼさない。彼らが投稿に現れるのはその表面にしかありません。したがって、コンクリートはメンテナンスとケアのために簡単です。 力。 コンクリート列は高い風速に抵抗し、最小限の損傷のみが脅かされています。 デメリット: 費用 コンクリート列は通常、木の亜種と比較してより費用がかかります。 より複雑なインスタレーション コンクリートフェンスの平均列は40 kg以上の重さで、設置が2つ以上の手を必要とする可能性があります。彼の座っていると時間がかかり、それはまた費用でバウンスすることができます。 物質的な完全性 木材のものとは異なり、コンクリート柱は成長しません。小亀裂がコンクリートに現れると、水は柱に入ることができます。内側が凍結すると、時間が大きくなり、金属部品が要約できる可能性があります。さびはフェンシングの完全性を妨げる可能性があり、列の亀裂につながる可能性があります。 安全性 フェンスパネルは列に取り付けられていないため、持ち上げて移動することができます。強い風が彼らを聞くことができるとき、この一定の動きはパネルの完全性に影響を与える可能性があります。 着色されたコンクリート 利点: シロアリに対して強い、耐性がある、ステンレス、耐火性、耐性、プライバシー、100を超える設計オプション、6色の変種、少なくとも20歳以上 コンクリート構造の使用はコストを大幅に削減します。彼らは家、建物、オフィス、道路やその他の建物を建てることができます。重いメカニズムを負担しません。 デメリット: 価格 コンクリートなどの製品の向上は、価格に反映されます。しかし、あなたは何を支払うのですか、あなたは不動産でそれを得るでしょう。 メンテナンス: なし。壁が外装の色で塗られていない場合、周囲の気象条件に応じて5 - 10年ごとに変更する必要があります。 インストールコスト 設置費は、高さ、設計、色、喫煙オプションの選択によって異なりますが、価格は1平方メートルあたりの数十EURの注文の順序から移動します。 コンクリートブロック 利点: それは支持壁、抵抗力がある、音響的に効果的かつ経済的にはメンテナンスのために使いやすいものとして使用することができる。コンクリートブロックは、湾曲した壁などの様々な高さおよび設計オプションで使用するのに柔軟であり得る。重いメカニズムを必要としません。 デメリット: 地震の場合は割れ、崩壊する可能性があります。コストは他のすべての壁やフェンスのオプションと比較して高く、インストールは最長になります。各ブロックは1つずつ置かれています。最低限の設計オプション、簡単な外観。 メンテナンス: なし。 価格: 身長、サイズ、使用されているコンクリートブロックタイプによっては、インスタレーションの有無に応じてEURがあります。