Wilioへようこそ!

あなたは未登録の顧客としてWilioを見ています

プロの切り替え
ナビゲーション
サービス
価格表
アプリケーションについて
アプリケーションをダウンロードしてください
それはどのように働きますか
どのように改善できるか
お問い合わせ
約 Wilio
ログイン
Wilioへようこそ!

あなたは未登録の顧客としてWilioを見ています

プロの切り替え
ナビゲーション
サービス
価格表
アプリケーションについて
アプリケーションをダウンロードしてください
それはどのように働きますか
どのように改善できるか
お問い合わせ
約 Wilio
ログイン

プラスチック溶接

プラスチック溶接機をお探しですか?このカテゴリには20,815プロバイダーがあります。お問い合わせを送信。

始まりました

32,339 登録された専門家

85,382 解決されたプロジェクト

5のうち4.8 私たちの専門家の平均評価

226 512 アプリケーションインストール

プラスチック溶接

プラスチック溶接サービスが必要ですか? Wilioは、プラスチックパイプの溶接、接合、プラスチック加工、突合せ溶接の品質専門家を見つけるお手伝いをします。プラスチックの接合価格は通常、サービスの範囲によって異なります。サービスの詳細を参照してください:消耗品を使用した溶接、内部チップの除去、特定のカテゴリの20,815溶接機の1つによって提供されます

参照:価格

32,339 登録された専門家

85,382 解決されたプロジェクト

5のうち4.8 私たちの専門家の平均評価

226 512 アプリケーションインストール

有用な情報

あなたは知る必要がありますか

プラスチック溶接とは何ですか? スピーチが溶接のために来るとき、それは通常あなたが溶かした金属、電気アーク、飛行の火花を伝えるでしょう。金属は世界で溶接しているが、プラスチックが溶接を必要とすることがあることを理解することが重要です。材料処理領域には熱いノベルティはありません。技術はそれらの時代から大幅に発展していますが、20世紀前半から行われます。プラスチックを扱う個人や企業は、プラスチック溶接が使用できるもの、そしてそれらのためのどのような利益があるのか​​を認識するべきです。 プラスチック溶接の基礎 プラスチック溶接は、2つ以上のプラスチック材料の接続を形成するために使用されるポリマーのカップリングプロセスのグループです。ポリマーボンディングの接合とは異なり、プラスチックの溶接はいくつかの接着剤またはセメントの使用への接続の発生に頼らない。プラスチック溶接は一般に、熱硬化性材料ではなく熱可塑性材料でのみ機能します。分子レベルでのポリマーは、エネルギー入りおよび任意に追加のポリマー材料を介して結合する。ほとんどのプラスチック溶接プロセスには、エネルギーが溶接継手に作用するときに完全な接続を確実にするために、溶接されたプラスチックを圧縮する機器または装置が含まれます。すべての溶接プロセスと同様に、これでも品質の生産における関連規格への準拠を助けることができます。 B2.4、AWS G1.10M、プラスチック溶接部の作成および管理に関連する基準の中でもっと。 プロセスの種類 プラスチック溶接は屋根の用語であり、1種類のプロセスに限定されません。人気と手頃な価格が異なる溶接プラスチックの多くの方法があります。 いくつかの一般的な種類のプラスチック溶接。 超音波溶接プラスチックは、何十年もの間、十分に使用される一般的な方法です。このプロセスは、いわゆるコーティングと超音波溶接機の角との間に2つ以上の熱可塑プラストを取り付けることによって、ポリマーを互いに接続する。それは強度と電源を作動させると、送信機で超音波を伝達します。溶接用に設計されたコーナー領域に供給される超音波エネルギーは、プラスチック溶接を実現するのに必要な分子結合を作り出す熱を形成します。超音波溶接は、その手頃な価格と品質と純度の要件を満たす能力のために非常に人気があります。超音波溶接に関連する塑性サイズおよび厚さは、少し制限され得る。 超音波プラスチックを溶接するための多くの用途があり、特に薄い熱可塑性樹脂が使用される場合。例としては、自動車部品、消費財、包装製品が挙げられる。 溶接ホットガスは、高温でプラスチックガス流から溶接関節上のエネルギーを透過する熱可塑性溶接法である。ガスが溶接されると、空気は最も頻繁に選択されたガスとして使用される。通常、エレクトリックスパイラルによって加熱され、ハンドワッシュガンに統合されたファンによって経験豊富なプラスチック溶接機によって制御される温かいガスに統合されます。溶接されたプラスチックの種類に応じて、溶接されたピストルの端部にはさまざまな種類のノズルが入ります。これらの制御エアフローは、オーディオ接続を作成するのに必要な圧力をかけるためにも使用されます。高温ガスに加えて、プラスチック充填材料も溶接継手に添加され、それは接合プロセスに役立つ。高温ガス溶接の利点は、異なる種類の熱可塑性関節と低コストを溶接する能力を含む。唯一の不利な点は、高温ガス溶接がある状況で高度のオペレータスキルを必要とする可能性があることです。溶接ホットガスは、大きな範囲の品揃えが発生し、少数のプラスチック製品や自動プラスチック溶接プロセスをコストの面で免除できない場合に使用されます。 回転式プラスチック溶接は、熱可塑性材料を組み合わせるもう1つの頻繁に使用される方法です。この溶接が選択されたプラスチック構成要素は、フライス工具に取り付けられた回転溶接ツールに入れる。次に、他の溶接された熱可塑性部分について、コンポーネント、ドライブツール、およびリーダーシップが開始されます。すべての準備が整うと、電源を入れた後のルータは、運転ツールの高速回転運動に取り付けられたプラスチック部品を提供します。その後、力を使用して、回転プラスチック部品を不動プラスチック部品に対して押し付ける。このようにして生じる摩擦は、プラスチック部品の溶融および接続を引き起こす。ロータリー溶接の利点に伴い、それはあなたが大きな寸法でプラスチック部品を溶接することを可能にします。他の利点は、互いに溶接することができる速度である。唯一の制限は、部品の1つが円形でなければならないということです。 最終組立工程中にプラスチック製の継手をプラスチック製のサブエステートに追加するために一般的に使用されています。コンテナを溶接するためにも使用されます。典型的な製品には、バルブ、タンク、およびエアロゾル容器が含まれます。 遠くないわけではなく、利用可能なプラスチック溶接方法の疲弊リストではありません。幅広いオプションの間で決定されていることがわからない場合は、プラスチック溶接の製造業者と、ポリマーの接合を専門とする他のサードパーティ工学会社にお問い合わせください。