Wilioへようこそ!

あなたは未登録の顧客としてWilioを見ています

プロの切り替え
ナビゲーション
サービス
価格表
アプリケーションについて
アプリケーションをダウンロードしてください
それはどのように働きますか
どのように改善できるか
お問い合わせ
約 Wilio
ログイン
Wilioへようこそ!

あなたは未登録の顧客としてWilioを見ています

プロの切り替え
ナビゲーション
サービス
価格表
アプリケーションについて
アプリケーションをダウンロードしてください
それはどのように働きますか
どのように改善できるか
お問い合わせ
約 Wilio
ログイン

溶接

溶接用の溶接機をお探しですか?このカテゴリには22,175プロバイダーがあります。お問い合わせを送信。

始まりました

32,339 登録された専門家

85,384 解決されたプロジェクト

5のうち4.8 私たちの専門家の平均評価

226 512 アプリケーションインストール

溶接

溶接サービスが必要ですか? Wilioは、構造物または個々の産業機械の溶接、組み立て、表面処理の品質専門家を見つけるのに役立ちます。金属接合の価格は通常、サービスの範囲によって異なります。サービスの詳細を参照してください:材料の機械的特性のテスト、特定のカテゴリの22,175溶接工の1人によるアドバイス

参照:価格

32,339 登録された専門家

85,384 解決されたプロジェクト

5のうち4.8 私たちの専門家の平均評価

226 512 アプリケーションインストール

有用な情報

あなたは知る必要がありますか

さまざまな種類の溶接とは何ですか? 数世紀のために人類の金属片を一緒に溶接した。しかし今日は多くの興味深い技術とアプリケーションがあります。私達の先祖は、金属片に何千年もの間溶接で結合しています。 19世紀以来、長所と短所があるさまざまな技術が発展しました。実際に考えていることを調べ、どのタイプを最善のものにするかについて議論します。私達はまた、溶接でいくつかの興味深い仕事に捧げた芸術家をあなたに紹介します。 溶接とは何ですか。 溶接は、部品の溶融接合に高温を使用する製造方法です。しかしながら、溶接部の製造のために使用または使用することができないかまたは使用することができる。溶接プロセスは、ハードはんだ付けされてはんだ付けのように、2つの部分を一緒に接続するだけでなく、これら2つの部分の金属構造が極端な熱と組み合わされ、時には追加の金属やガスを加えることがあります。 ほとんどは、通常、普通の金属が通常溶融しないハードはんだ付けやはんだ付けなど、より低い温度で金属固定技術とは異なります。溶接には通常、充填材料や消耗品と呼ばれるものの使用が含まれています。これは、名前が示唆するように、基本金属間の強い接続の創造を容易にするのに役立つ「フィラー」または溶融材料の混合物を作成するために使用される。 溶接タイプ - 利点と短所 ほとんどの溶接プロセスはまた、プロセス中の酸化前に主成分および充填剤を保護する特定の形態の遮蔽を必要とするであろう。溶接はさまざまなエネルギー源を使用して実行できます。例えば、ガス炎(アセチレンとしての化学物質によって駆動される)、電気アーク(電気)、レーザー、電子ビーム、摩擦および超音波。空気溶接、水中、さらには異なるスペースでさえ、外部または下部にある様々な溶接技術があります。 溶接の種類は何ですか? 溶接は千年紀によってすでに使用されています。スミス溶接、鉄および鋼の高温およびノッキングに関連する香りが少しないために単一の実行可能な技術であった。高度な方法がアーク溶接および酸素爆弾で溶接されてきた19世紀に変更された。 MIG溶接 - ガスアーク溶接(GMAW)、TIG溶接 - アーク溶接(GTAW)、ロッド溶接 - アーチ溶接(SMAW)、メルト溶接 - 電気アーク溶接(SMAW) FCAW)、エネルギー溶接(EBW)、溶接原子水素(AHW)、ガス溶接タングステン、プラズマアーク溶接および水溶接。 さまざまな種類の溶接機は何ですか? あなたが満たすことができる溶接機の種類はたくさんあります。これらの機械は、金属部品を溶融させる熱を生成して再び接続できるようにする。しかしながら、すべての溶接目的に適している単一の溶接機はない。より大きな溶接機は通常、工場などの工業企業に見られますが、国内またはアマチュアの目的に最小のものがより短いです。溶接機には5つの主要な種類があります。それらは:MIG溶接機(金属不活性ガス)です。サイリスタ対照MIG溶接機TIG溶接機。スポット溶接機金属アーチを備えたシールド溶接機。 MIG溶接機は、家にいるか工場でも、ほとんどの種類の溶接作品に最適なものの1つです。それらは、柔らかい鋼、ステンレス鋼、さらにはアルミニウムを含むさまざまな金属でよく治療される傾向があります。 MIG溶接はアーク溶接の過程であり、固体線からの連続電極は溶接ピストルを通って溶接タンク内に供給され、2つの基本材料を一緒に接続する。溶接ピストルを通して供給される保護ガスは、汚染の前に溶接浴を保護する。 MIG溶接は通常非常に速く、電極は完全に充電されていないが、長い時間弧を提供する。 MIGサイリスタ溶接機は、主題を固定するか、または適切な表面に取り付けることが最も重要である。これらの機械は良くて長い長いです。そのような溶接機は少量の火花を生み出し、それを制御するのを容易にする。これらの機械はフルコアと溶融材料を溶接するのに最適です。彼らは柔らかい鋼、低炭素鋼、合金鋼などで働くことができます。 TIG溶接機は他のものよりも専門的なもので、スプレー、スパーク、または蒸気なしで純粋な溶接を提供します。これらの機械は、ステンレス鋼合金、真鍮、金、マグネシウム、アルミニウム、銅、ニッケルで作業することができます。 TIG溶接機は通常地形作業には適していませんが、損傷した部品を修理するのに優れています。 スポット溶接機は、スチールシートなどの2枚のシート間のスペースを接続するために使用されます。これを行うために、シートは通常、電流を交差させることによって一対の電極を使用して保護されます。スポット溶接機は、効果的なエネルギー使用、高生産速度、簡単な自動化などより多くの利点を持っています。これらの溶接機は通常自動車産業で発生します。彼らはまた彼らの代替品よりもはるかに安いです。 バー溶接としても知られるシールド付き金属アーク溶接は、金属と溶接ロッドとの間のギャップから流れる電流を使用する。この種の溶接では、基材と充填棒との間に(電極棒ともいう)との間にアークを形成するために電流を使用する。充填棒は、溶接プロセス中に二酸化炭素ガスを形成することによって酸化および汚染を防止する溶融で覆われている。 最も強力な溶接型は何ですか? 回答この質問は、一目視している可能性があるほど単純ではありません。最良の溶接部は、使用される基材およびその意図された使用から依存する。各方法は、TIGから溶接プラズマアークまでの他の利点と不利益を有する。最も強力な種類の溶接部はバー溶接である可能性があります。すでに述べたように、ロッド法は鋳鉄を溶接する唯一のものであり、それはまた汚れた材料でそして荒天状況下でも機能します。 「しかし、これは必ずしもロッドを使用した溶接がすべてのシナリオにとって最良の選択であることを意味するわけではありません。 MIGは、様々な厚さの幅広い金属の選択に使用することができ、特に薄い金属に関してはTIGを溶接するときに最高品質の溶接が生じる。それはまたあなたが溶接したい金属によって異なります。例えば、アルミニウム溶接は暖かく知らないかなり柔らかい金属であるため、難しいことがあります。したがって、アルミニウム、MIG溶接およびTIG溶接に使用することができる2つの選択された溶接技術しかない。これら2つの技術のうち、TIG溶接は一般に最良の結果を達成するための技術への移行であると考えられる。それはアルミと比較してはるかに硬い金属であるため、ステンレス鋼溶接は他方の側で異なります。したがって、その強さによって妨げられるであろうよりもはるかに多くの熱が必要とされる可能性があります。しかし、どの溶接方法が最も強い溶接部を提供するかは、材料の厚さに依存します。 MIG溶接は一般に、ほとんどの鋼製アプリケーションのための最良の技術と考えられています。より粗い鋼板に関しては、ロッドとメルト溶接を優先する前に多くの曲がりがあります。鋼が柔らかくステンレスである場合、実際の問題なしにTIGおよびMIG溶接を使用することが可能です。 適切な溶接手袋をどのように選択しますか? まともな品質溶接マスクに加えて、溶接機自体は手袋溶接装置のもう一つの重要な部分です。彼らの仕事は潜在的に深刻な火傷の前にあなたの稀だが壊れやすい人間の手を守ることです、品質のペアの選択は絶対に必要です。しかし、それが溶接手袋であれば、ユニバーサルな代替手段はありません。あなたがそれらを使うのとあなたが必要とするどれだけの機器を考慮に入れるべきかすべての要因としての要因は、すべての要因です。あなたが使用する溶接の種類は、異なる量の火花や他の危険性を引き起こします。たとえば、MIGの溶接は、彼らが自分自身や周囲を守る必要がある前に、多くの火花を生産する傾向があります。手袋も異なる材料でできています。ほとんどのユーザーにとって、肌は抵抗性で、非導電性であり、熱を大きく除去するため、最も好ましい種です。しかし、肌はさまざまな種類の動物革から作ることができます。いくつかの従来例は以下を含む。 ヤギの革 - この種の肌は、まだ柔らかく柔軟なままである間、比類のない穴や引張強さを提供しています。これはあなたが最大のスキルが必要なTIG溶接のための理想的な解決策です。 馬蹄 - 馬蹄は非常に抵抗力がありますが、それでも快適なままです。これらの革の手袋はより人気が低いですが、TIG溶接にも理想的です。 ポークレザー - ポークレザーは厳しく、湿った脂っこいい作業環境で厳しく認証されています。この種の皮膚は、TIG、MIG、接着剤を溶接するのに適しています。ビーフレザー - ビーフレザーは最も一般的な皮膚種の1つです。それは非常に丈夫で快適で快適で、そして通常ロッドとミグの溶接に好ましい。 Deerskin - 動きの自由を提供する柔らかくて弾力のある革は、TIG溶接のためのもう1つの大きな選択です。 Elkskin - エルコヴァの肌は、ウシレザーのように早く断らない傾向があります。 Elkskinは、発行された高量のためにMIG溶接のためのもう1つの大きな選択です。 初心者に最適な溶接の種類は? あなたが新入戸の溶接世界であるならば、いくつかの技術は他のものよりもはるかに簡単に行うことができます。例えば、MIG溶接は一般に最も容易に捕獲され実行可能であると考えられる。しかし、なぜ?他のほとんどの慣行と比較して、非常に純粋な溶接部も生産します。それは通常非常に速いのでそれは素晴らしいです。それは初心者やマスターを愛している財産です。予算が許可されている場合は、他のテクニックがあります。あなたはハイブリッド溶接機と呼ばれるものを調達することを考えることができます。これにより、1つのツールを使用してより多くのテクニックを試すことができます。それにもかかわらず、多くの実用的な溶接機は学習時のMIG溶接のシンプルさと信頼性を支持しています。